2015年12月4日金曜日

豆知識

最小歩行時間


  • 最小歩行時間を10分と指定した場合、連続して10分以上歩いた場合だけ旅に算入されます。2つの歩行記録の間が2分以内であれば、その2つの歩行記録は連続しているものと見なします。その場合、たとえ個々の歩行記録が10分に満たなくても、両方の歩行時間を足して10分を超えていれば旅に算入されます。(一つの歩行記録として表示されます)
  • 歩行記録自体は、1分以上のものが全て記録されますので、後から最小歩行時間を短く変えた場合はそれまで旅に算入されていなかった歩行記録も算入されるようになります。(一度始めた旅の最小歩行時間を変えるには、一旦旅を解除してから再度同じコース、同じ開始日で旅を割当て直します。)

歩行記録の取得

  • 歩行記録の取得は、主に本アプリを画面に表示したタイミングで実行されます。ですので歩きながらずっと画面を表示し続けていても状態は変化しませんが、一度ホームボタン等で画面を閉じてから再度表示すれば記録が更新されます。なお歩行中に画面を見るのは危険ですので実行する場合は立ち止まって行ってください。
  • アプリが長期間画面に表示されない場合でも、1日に1〜2回程度は自動的に歩行記録が取得されます。

歩行分数

  • 小数点以下の歩行分数は、直近30日間の歩行速度(1分間の歩数)の平均値に基づいて推定されます。ただし、全歩行時間が10分を越えるまでは、毎分100歩という暫定値を使用します。

通知

  • バッテリー切れや端末をリセットした後などに、長期間本アプリを起動し忘れたままにすると歩行記録の取得漏れが発生する恐れがあります。そのため最後に歩行記録を取得してから1日以上立つと、本アプリからの通知が待ち受け画面などに表示されます。通知をタップして本アプリを一度起動すれば、それ以降は本アプリを再度終了させない限り通知は表示されません。
  • 通知を止めたい場合には、iPhone標準の設定アプリ内の本アプリの設定画面から通知をタップして、表示される画面で「通知を許可」をOFFにしてください。
  • 同じ画面で通知の形式などを変更することもできます。